荒川河川敷~埼玉方面で練習している、トライアスリート、IRONMONのブログです。「志」と「肘」と「ケイデンス」と「腰」は高く!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
治療の経過
2014年05月21日 (水) | 編集 |
肩の擦過傷、肘の裂傷:小さくなってきてる。

左腰、左臀部、左大腿部の打撲:痛みはあるが、だいぶまともに歩けるようになった。左膝の屈曲の際に固まってしまってる、大腿部前、側面の筋肉群に強い張りあり。

両脹脛:左の方が強い張りあり。座位から立位の移行の際に、固まっていることが多い。硬さがとれるのにあと2日はかかりそう。

うまくいけば、週末にはローラーからできる。

不思議なもので、怪我で練習出来なくなると、意欲が一層湧き、また、やらなくてはいけないこともシンプルにわかる。

もし、怪我なく普通に完走してた場合、ただ、結果が出ずにこうすればよかった、ああすればよかった、といった後悔の念ばかりでてきたと思う。簡単な話、「何の実りもない試合」。「ただ出ただけの試合」。

そういう意味では自分にとっては、今回の怪我は良い怪我だった。この程度で済んだことが何よりも良かったことだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。