荒川河川敷~埼玉方面で練習している、トライアスリート、IRONMONのブログです。「志」と「肘」と「ケイデンス」と「腰」は高く!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011 IRONMAN CANADA 参戦記 Final 「帰国、あとがき」
2011年10月12日 (水) | 編集 |
たくさんビールとワインを飲んだが、すこぶるいい気分で起きることができた。少なくなった荷物をスーツケースにいれ、準備を整えた。飛行機の時間まで余裕があったが、何かあったら困る、ということで早めに空港にいくことに。

モーテルから空港へタクシーで行こうと思っていたのだが、海外でタクシー会社に電話して呼ぶのは初めての経験。とても緊張して部屋の電話をとった。しかし!ここで混乱してしまった。部屋の電話から外線電話を掛ける方法がわからない。ゼロ発信でもダメ、市街局番以降の番号をかけると、他の部屋への内線電話みたいになってしまう。2人であたふたしてしまった。

「ちかくの大きなホテルまで移動して、呼んでもらうしかないか???」

と、最後の最後にプチ混乱。飛行機に乗り遅れたらシャレにならない。

ふと、自分のiPhoneに目がとまった。そうだ、カナダはパケットし放題対象外地域だが、電話をかけることはできる。こちらに来てから1回もかけてないし、パケットも切っていたから、タクシーの予約電話くらいの通話時間なら、大したお金はかからない。

すこし勇気を出してiPhoneで電話。あっさりタクシーを呼ぶことができた。タクシーの運転手は、自分よりも背が低い、スキンヘッドのマッチョマンで、いかつい見た目に反して、非常に気さくで感じがよかった。

「一昨日のレース完走したのかい?すごいね!俺には絶対できないぜ!」

と話しかけてきてくれた。運転も非常に安全で快適だった。無事に空港に送ってくれた感謝の気持ちも込めて、チップは多目に払った。

自分たちが1番のりか2番のりくらいで、空港はガラガラだった。チケットを受け取り、バンクーバーから成田への便の席をみたところ、またしても4列シートの真ん中2つ・・・。さすがにこりごりだったので、変えてもらうことができるか、交渉することにした。遠征中、この手の交渉はほとんど自分がしてきたが、奥さんに「こういったらいいんじゃない?」という言い方を伝えて、奥さんにやってもらうことにした。

こちらもあっさりできた。すぐにチケットを破棄して、空いているところを見せてくれて、新しい席を確保できた。これで少しはゆったりと帰れると、このときは思っていた。

しばらくして、Tiki Shoresにステイしていた一行や、同じ便に乗る人が一気に集まってきた。すごい混雑だったので、早めにきたのは正解だったと思う。

飛行機に搭乗して席に座り、窓の外を見ながら思いにふけていた。これでペンティクトンともお別れ。次に来れるのはいつだろうか。でも、いつかまた来たい、いや、帰ってきたい。奥さんに「いつかまた、いっしょにこようね」と声をかけ、眠りについた。

バンクーバーのトランジットでは買い物をしたり、軽食をとったりして過ごしていた。バンクーバーまで来ると、日本人が結構多くいて、あちこちで日本語の会話が聞こえる。空港内はあちこちでフリーで無線LANが使えるので、iPhoneやPCで、FB、Twitter、メール等で届いたメッセージに、お返事を書くことができた。

バンクーバーからの帰りの飛行機は、2人で座れる席だったのですこぶる快適だった、と言いたいところだったが、実はそうではなかった。前後横の席に小さいお子さん連れが座ったため、泣き声がすごく、あまりよく眠れませんでした(苦笑)

成田空港について、真っ先に「蒸し暑い!」といってしまった(笑)。バンクーバー、ペンティクトンの気候は非常に快適だったので、もうカナダが恋しい(笑)

荷物を受け取り、うしださん、かしまさん、おりちゃん達一行、ホンダさん、イリエさん、サイトウさん、オガワさん、ヒコイさんにご挨拶して、税関をあとにした。外にでると、駐車場の係員の人が、愛車のモンプレッサを持ってきてくれていた。久しぶりに会う愛車が可愛くて仕方ない。

レースとロングフライトでかなり疲れていたが、集中力を保ち、帰宅した。
家に到着後、選手の証のリストバンドを奥さんに切ってもらい、IRONMAN CANADAの遠征が終わった。

DSC_0267.jpg


---------------------------------------------------
(あとがき)

非常に長く、読みづらかったとおもいますが、最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

IRONMAN HAWAIIの出場権獲得という、大目標は今回も叶えることはできず、とても悔しくて、寂しいのが本音です。しかし、積み上げてきたプロセスによって、レースの結果は生まれるものでありますので、自分はまだまだ積み上げが不足していて、実力が足りなかった、ということです。今回のレースは特にそれが実感でき、同時に、「あとどれくらいがんばればいいのか」というのも見えてきました。

また、自分の中では大きな進歩を感じることができました。まだまだ伸びます。

次のIRONMANレース予定は今のところありませんが、小さな目標をたてつつ、トレーニングは積み上げていこうと思っております。

最後に、奥さんへ

レースに出たかった気持ちをグッと押さえて、レース前後、サポートに徹してくれてありがとう。本当に感謝してます。今回もHAWAIIとれなくて、連れて行ってあげられなくて、ゴメンね。けど、いつか必ず、連れて行ってあげられるよう頑張るから、これからもよろしくね。
---------------------------------------------------
コメント
この記事へのコメント
レース&日記ご苦労様です。
私もちょうど4年前の初アイアンマンがこのカナダでとても雰囲気が良かった!多分レースの次の日に申し込み開始するんだけどちょうどハワイの出場権を申し込んでた横で確か物凄い列で並んでいたのを思い出します。この大会が一番良い大会だと申し込む気持ちはとても分かります。
もう自分は高崎でコーチをしている関係上なかなかレースには出れないけど・・・・とても懐かしい気持ちでいっぱいです。

改めて奥さん共にトライアスロン&ReStartも頑張って!時間が空いたらまたそちらにも顔出しますのでそのときはヨロシクネ!
2011/10/13(Thu) 07:48 | URL  | あらちゅう #-[ 編集]
お疲れ様でした。
参戦記、最後まで楽しく読まさせていただきました。
結果的には満足いくものではなかったようですが、最後の「まだまだ伸びます。」という前向きなコメントに心打たれました。
私も頑張らないと。
陰ながら応援しております。
今後も目標に向けて頑張ってください!
2011/10/13(Thu) 09:45 | URL  | イモグラブ #qbIq4rIg[ 編集]
>あらちゅうさん
カナダ、いいレースです。本当にいいレースです。ハワイはもちろんすごくいいのですが、カナダも間違いなく、いいレースです。またいけるようになったら、行きたいです。

土曜日は久しぶりにリスタート練習に参加しました。ラン仲間と切磋琢磨して、ランの能力を挙げていきたいと思っています。ぜひ、稽古つけてください。

>イモちゃん
最後まで駄文につきあってくれてありがとう。
絶対に速くなれる自信が最近わいてきたので、また頑張ろうとおもっています。また、自転車練習、いっしょにやりましょう。

2011/10/17(Mon) 10:04 | URL  | MON #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。