荒川河川敷~埼玉方面で練習している、トライアスリート、IRONMONのブログです。「志」と「肘」と「ケイデンス」と「腰」は高く!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑感(バイクとパワメタ、心拍数などなど)
2011年01月24日 (月) | 編集 |
更新がずいぶんあきました。先週1週間のワタクシですが、仕事が終わるのが20時~21時くらいで、帰宅が22時~23時ごろ。土日は週の疲れが一気に湧き出たようで、早起きに失敗しました。本当に恥ずかしい限りですが、切り替えていきます。

さて、このところの雑感を以下のようにまとめてみました。よろしかったらご一読ください。

(1)TTバイクとロードバイクについて
TTバイクに乗ったのは年末の大井埠頭でのサニーバイク練習が最後で、これは約3か月ぶりのことでした。普通にハンドルポジションをとる分には大丈夫でしたが、DHポジションを取った瞬間に「低!!!」「地面、近!!!」と思いました。加えて、視界が著しく狭く、ハンドルポジションでバーコンのシフトチェンジが少々怖く感じました。

やはり手元のSTIレバーとドロップハンドルでブレーキ、シフト、ステアリングができるロードバイクは、安全性が高いと思いました。後ろ重心で乗れるポジションも安全性を高めている要因だと思います。

もう、絶対に事故を起こすわけにはいかない身なので、普段はロードバイクに乗るようにして少しでもリスクを減らしたいと思います。もちろん、試合が近くなれば、TTバイクに乗って、慣れるようにしておきますが。


(2)パワメタ、心拍数
最近はローラーではパワメタの出力値、実走では心拍数を見るようにしています。

自分は非常に筋持久力が低く、ランでもバイクでも後半失速しがちです。パワメタ導入してからは、実走でもローラーでもパワメタの値を気にして走っていました。しかし、レースでパワメタの出力値でのターゲットを決めて走ると、たとえそれがロング走る上での理論値でも、スタミナ不足の自分にとってはオーバーペースとなっていたようです。性格的にツッコミがちなのも原因となっていますが(笑)

年末のサニーバイク練で試験的に心拍数でコントロールしたところ、後半・終盤でもスピードはある程度保つことができました。集団後方にいた時間もあったことも要因の一つですが、以前、大井埠頭練習で走った時よりもダメージが少なく感じ、終わった後にランもできました。

今後、筋持久力が高まれば、パワメタの出力値をターゲットとした長時間の実走は可能だと思いますが、しばらくは心拍数ターゲットで実走のトレーニングを積みたいと思います。

ローラーのときはパワー値、実走のときは心拍数。ランのときも心拍数。基本を大切にしてトレーニングを積み上げます。

【現在基本としているターゲット心拍数】
バイク実走時:145前後
ランニング時:157前後

【参考】
安静時心拍数 34~38(健康診断時の心電図での測定結果)
最大心拍数  175  (ランのスプリント、バイクの峠での測定結果からの予想値)
コメント
この記事へのコメント
僕もポイント練習では心拍ペーシングでパワーは結果としてみています。
その変化を長期的に見てトレーニングの方向性の判断をしています。
ポイント練習以外ではあまり数値は気にしないで感覚を磨くようにしたいのですが、かなりチラチラみていますww。
2011/01/25(Tue) 12:49 | URL  | say #-[ 編集]
>sayさん
チラチラみて感覚と数値を合わせるのは大事だと思うので、メーターを見るのはモン題ないと思います!Re:コメントでいただいたとおり、ぜひ、また合同で練習しましょう!
2011/01/25(Tue) 13:03 | URL  | もん #-[ 編集]
ご無沙汰

心拍数は、個人差が有ると思うけど少し高めの設定だね
自分は、真逆でTrainingの心拍数は、低目設定です
2011/01/25(Tue) 15:34 | URL  | はっ #iTjQ6kIY[ 編集]
>はつさん
この前はどうもです。なかなか合同で練習できないので、ちょくちょく電話でトークしましょう~

この心拍数を基本としているのは裏付けがあって、バイクは2008年のIMJのバイクパートにおける平均心拍数に近く、ランは先日の大田原マラソンの平均心拍数に近い数値なのです。

もちろん、より低い心拍数でやる場合もありますし、逆にPowerIntervalのように、激しく追い込む場合は心拍数ははるかに高くなります。この辺のコントロールはトレーニングの基本ですよね!^^
2011/01/25(Tue) 19:33 | URL  | もん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。