荒川河川敷~埼玉方面で練習している、トライアスリート、IRONMONのブログです。「志」と「肘」と「ケイデンス」と「腰」は高く!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CTS Progressive Power Class#1
2010年09月30日 (木) | 編集 |
今日は振替休日なので、トレーニング三昧や!!!と、思いきや、午前中から午後イチくらいまで自宅待機をしなくてはいけなく、雨も降っているので、ココロおきなく帝国練習(※ローラーでの練習のことです)です。

本日の帝国練習は「CTS Progressive Power Class#1」です。

メインメニューは、Stedy State Interval(以降はSSIと表記) 10min*3set で、セットごとにビルドアップさせるというもの。1セット10minなので、FTP付近をキープするものだとおもうのですが、2セット目は+10W、3セット目は+20Wでキープしろ!という、キビしい指示が飛びます。

コーチも、

「キツイのはみんないっしょなんや!やればできる!やれ!ここからの2分は気持ちや!!」

なんて檄をとばすモンだからやるしかありません。
※ウソやろ、と思うかもしれませんが、コレ、本当に英語でいってました。関西弁は脚色です。

3セット目の序盤は「オイラもうダメ~~~」という感じでしたが、きっちり最後まで追い込めました。やった~やり遂げたぞ~、と感銘に浸っていたら、最後に字幕でこんな指示が。

「もし、2セット目、3セット目でキープするのが難しくでも気にしなくていい。しかし、SSIの2セット目、3セット目できちんと出力をあげられていたら、SSIのターゲットレンジをもう少しあげるように!」


ちょっと待て!オイラきちんと、2セット目、3セット目をある程度キープできた、ということはもう少し基準値をあげなくちゃいけないの!?今回、追い込みがたらんかったってこと??無理じゃ~~身体がこわれるぜよ!(涙)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。