荒川河川敷~埼玉方面で練習している、トライアスリート、IRONMONのブログです。「志」と「肘」と「ケイデンス」と「腰」は高く!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【映画鑑賞】BECK
2010年09月23日 (木) | 編集 |
 久しぶりに映画を観ました。今回は「BECK」です。

 【BECK オフィシャルサイト】

 キャッチコピーは「奇跡の出会いによって生まれたバンド、ベック。青春のすべてが、ここにある」

 自分は「DEAR BOYS」をずっと月刊少年マガジンで読んでいますが、同時期に連載されていた「BECK」はなぜか読んでいませんでした。とくに理由はないのですが。

 観に行きたいと思ったのは、「龍馬伝」の岡田以蔵役の佐藤健くんと、池内蔵太役の桐谷健太くんが出演しているからです。

 原作者のハロルド作石先生の意向で、「コユキ」(佐藤健くん)の天才的ボーカルの演出は、ミュート、もしくは異なったエフェクトになっているのが賛否両論ですが、自分としては「○」をつけたいと思います。鑑賞している人の想像に任せるというのはある意味「丸投げ」にも感じられますが、本作品に限ってはありだと思った次第です。

 一方、「千葉」(桐谷健太くん)のライブシーンは本当にすごかった。シビれました。コミックの実写化ということもあり、多くのツッコミどころがあるのは否めないですが(というか、ツッコミどころのない映画のほうが圧倒的に少ないのが現実)、このライブシーンだけでも必見だと思います。

 他に印象的だったのは、ヒロイン「真帆」役の忽那汐里さん、「サク」役の中村蒼くんでした。 忽那さん、感心するほど英語が上手だと思っていたら、オーストラリア出身の本物のバイリンガルでした。とてもキュートです。中村蒼くんは、2005年にジュノン・スーパーボーイ・コンテストグランプリを受賞し、2006年に俳優デビューした、これからの活躍が期待される19歳の若手俳優です。

 
コメント
この記事へのコメント
おおお!あたしもBECK早く観たいなぁ!!
お姉ちゃんといつも話してるんだけど、中村蒼くんはらいちゃんにそっくりだよね?!
2010/09/23(Thu) 23:51 | URL  | かれん #-[ 編集]
そう!そうなのよ!!
あまりもそっくりで笑ってしまう!!!
2010/09/24(Fri) 00:32 | URL  | もん #-[ 編集]
よかったか~
私も近々見に行く予定。もちろん1人で。
健くんと春馬くんの映画を同じ時期に見れるなんて
幸せだわ。

違ったコメントでごめ~ん
2010/09/24(Fri) 09:00 | URL  | みろひ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>みろひちゃん

よかったよ。おもしろかったよ。
健君、彼はいいね~春馬君は何にでてるんだっけ??
2010/09/24(Fri) 10:12 | URL  | もん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。