荒川河川敷~埼玉方面で練習している、トライアスリート、IRONMONのブログです。「志」と「肘」と「ケイデンス」と「腰」は高く!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メンタル
2005年12月02日 (金) | 編集 |
「メンタル」

昨日のバスケで痛感したことだ。The Surgから

「4対4から5対5にかわり、少しでかいヤツと動けるヤツが入っただけで、攻め気を忘れている。萎縮しているようだが、実際はそんなにかわってないんだぜ」

たしかにそうだ。4対4のときはスペースも空いてたし、それほど能力の高い人がいなかったから積極的にシュートいっていたが、燃えるアメリカ人を始めとしたビッグマンや能力のある人が入ったとたん、「遠慮」が生まれ、「思い切りの良さ」「攻め気」を忘れて、つなぎ役にしかなってなかった。ビビって余計な力が入っていた。その指摘を受けたあと、開き直って攻め気を出し始めたら、シュートは入らなかったがリズムが戻ってきたような気がする。オレが決めなくてもチームがリズムに乗れば、シュートが決まる。

学生時代、監督が「バスケットボールはリズムだ」といっていたのを思い出した。そのリズムを生み出すのは根底にあるのは「攻めの気持ち」だというのがよくわかった。積極的なシュート、攻めのディフェンス。

ドリブルの基礎、シュートの基礎、パスの基礎、フットワークの基礎、フォーメーションの基礎etc。「動きの基礎」も重要だが、それに気持ちを上乗せしないといけない。
コメント
この記事へのコメント
キモチ
コツコツ積み重ねるキモチと突進するう爆発力を組み合わせることで、次のステージに行ける気がする。
「こうしよう」って言う動きが自然出来たら最高だよね。
2005/12/03(Sat) 01:02 | URL  | COW #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。