荒川河川敷~埼玉方面で練習している、トライアスリート、IRONMONのブログです。「志」と「肘」と「ケイデンス」と「腰」は高く!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
討死 鬼バイク練
2010年06月27日 (日) | 編集 |
昨日はウッチーさんからのお誘いで猛者達とのバイク練(通称:鬼バイク練)に参加してきました。

前日はゆっくり過ごして回復は十分。目覚めも良かった。まるでレースに参加するかのよう。

6時に自宅を出発して集合場所の武蔵五日市へ。途中道を少し間違えて、ほんの少し遅れてしまった。ここまでですでに45キロ。

今日のメンバーはウッチーさん、ウッチーさんのご友人の山本くん、45-49チャンピオン田中さん、ロケット高橋さん、チャイナで一緒だった鈴木さん、そしてシオエミ。yujiriさんとsayさんは残念ながら欠席でした。

スタートとしていきなりのハイペース。ロケット高橋さんが先頭で飛ばす飛ばす。。。自分は全くついていけずいきなりチギれた。登りが全くダメ。ついていけない。都民の森の長い登りはかなり辛い一人旅になった。都民の森では相当待たせたに違いない。

都民の森から風張までの緩い登りもダメ。奥多摩周遊の起点の橋でも相当待たせてしまった。鈴木さんはここで引き返し。体調がいまいちだったそうだ。自分も帰れば良かったかな。。。。と、後で少しだけ思った。

再スタートして再びロケット高橋さんの鬼牽き。自分は最後尾でツキイチ。かなり狭く、コーナーもあり怖かった。

ここでアクシデント発生。前を走るチャンピオン田中さんが緩い左コーナーで膨らんできて自分の進路をふさがれた。頭に右の壁に激突するイメージまで浮かんだ。フルブレーキで激突も落車も免れた。対向の車が来てなくて本当によかった。。。危うく命を落とすところだった。

これでまたチギれて総崩れ。雨もあり、心のブレーキがかかる。辛い辛い独り旅。丹波山のふもとでまたまた待たせてしまった。丹波山の登りは傾斜がかなりきつく、とうとう心が折れた。ネガティブな想いばかり頭に浮かぶ。

頂上では、ウッチーさんと高橋さんがまっていてくれた。斜度のきつい下りを下る。下りは慎重に慎重に。。。

合流後、相談して古里駅のセブンまでノンストップでいくことになった。自分は登りでまたチギれた。登りが徹底的にダメだ。ほんとうに辛いけど、奥多摩湖をぐるりと周る、青梅街道沿いはDHポジションを取り続けた。集団はもうとっくに先行してて、まったく見えないけど集中して乗った。

古里駅のセブンで無事に合流できた。おにぎりとから揚げの簡単なお弁当と、RED BULL、水を買って補給。その後は吉野街道沿いに帰ることになった。

吉野街道に入ってもロケット高橋さんの鬼牽きは続く。が、平地ならついていける。ついていける!中切れを起こす集団の接着剤の役目をできる。逃げをキメようとする高橋さんに、集団の最後方からも、加速して捕まえられる。160kmくらい走ってきて、これだけのスピードに対応できて、集団の中でコントロールできるのは、平地ならイケる、ということじゃないか???信号ストップからのスタートダッシュにも対応できるようになってきた。踏むのではなく、内転筋を動かす意識で、ケイデンスをあげることによって。俄然調子が上向き↑テンションも↑

しばらくして、五日市街道へ向かう道が見えてきたので、皆さんに御礼を行って離脱。懐かしい懐かしい横田基地を横目にみて、瑞穂まで行き、新青梅街道を爆走して帰ってきた。

走行距離、ジャスト200km。登りはダメだけど、平地は対応できることがわかった。これだけでも収穫だ。

その晩、地元の日帰り温泉に行って、体重をはかったところ、64kgを切るくらいだった。身体は絞れていて、キレは感じるのだが体重が増加している。筋肉が増えたのか?大臀部や太腿や脹脛が太くなったことを指摘されていたが。。。しばらく登りの練習をしていなくて、登りのぺダリングのできなさ加減に拍車がかかっていたけど、体重が2,3kg増えたのも登りがダメダメだった原因かもしれない。平地がイケたのも合点がいく。ランで最近トラックを走っても、ロードを走っても、スピードが出ないのも同様だろう。

だとすれば、登りのぺダリングさえ、身体に呼び戻せば、(速くなることは無理がある。でも身体に慣れさせるのは、すぐ戻る気がする。)よさそうだ。体重はこのくらいで(63kgくらいで)よいだろう。

ギンさんの言葉を拝借するなら、トライアスリートは重戦車のような力強い走りでよいのだから。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。