荒川河川敷~埼玉方面で練習している、トライアスリート、IRONMONのブログです。「志」と「肘」と「ケイデンス」と「腰」は高く!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Cerveloのテクノロジーに感動
2008年11月07日 (金) | 編集 |
 昨日、愛車をメイストームに預けにいきました。今週末はハーフマラソンですので、バイク練習は一旦お休みです。

 BIG西さんと、TTフレーム、ロードフレームの特性、カーボンシートの話をしているときに、見せてもらったものがあります。それは、Cerveloが実際にフレームに使っているカーボンシートのサンプル。十種類くらいあるうちの一番わかりやすい2種類をみせてもらいました。縦1センチ、横10センチで暑さは1mm~2mmくらいでしょうか。触った感じはゴムみたいでした。

 この2種類のカーボンシート、特性がまったくかわっていて、片方はネジれ方向にはまったくねじれないのですが、横方向にはしなやかに曲がります。もう片方は、ねじれ方向にはぐにゃぐにゃねじれるのですが、横方向にはまったく曲がりませんでした。

 BIG西さんが、Cerveloのテクニカルセミナーに参加したときに本社のスタッフに「これ、どこで作ってるの?」と聞いたそうですが、それは超社外秘だとか。おそらく独自開発でしょう。

 Cerveloは、性質の違うカーボンシートをフレームの部位ごとに使い分け、Rシリーズ、Sシリーズ、Pシリーズと、それぞれ違う特性を作り出しているようです。

 実に面白い。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。