荒川河川敷~埼玉方面で練習している、トライアスリート、IRONMONのブログです。「志」と「肘」と「ケイデンス」と「腰」は高く!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンキュー!スティーブ!
2008年05月31日 (土) | 編集 |
明日ウェポンをテストしてみるぜ!レース終わったら浴びるほど飲もうな!!
スポンサーサイト
朝スイム
2008年05月31日 (土) | 編集 |
埼京線の電車1本遅れたが、田園都市線も遅れていて、いつものっている電車にのれた。ラッキー。

アップにまにあわなかったけど、トータル3000m。調子はいまひとつかな?とおもったが、ちゃんとおよげてた。

今日は仲間がいっぱいいて楽しかった♪


雨中ペース走
2008年05月30日 (金) | 編集 |
アップ4000
ペース走 10000
ドリル&流し

ペースは4分5秒で入って、平均約3分55秒。ラストは3分43秒までペースアップ。調子は普通。

帰りに外食。ミロードの炒飯専門店。マジウマ。

調整
2008年05月30日 (金) | 編集 |
ローラー練習を実施。

決戦仕様でぺダリングの修正。水曜の朝練で、練習用からディープリムへの換装で、はっきりと速さを感じなかった、といったが、アウタートップでケイデンスが100近くまであがり、55km/hとか出た。やはりかなり違う。楽にそこまであがってしまうので、負荷をかけることはできない、と思い、スピン練習を少し続けて終了。

決戦仕様といったが、さらに決戦仕様にするための準備をすすめた。週末のテストが楽しみだ。


朝練バイク
2008年05月28日 (水) | 編集 |
今日の参加者:
モン、ナオ、スティーブ、はるはるさん、ディーバまつい

メニュー:
いつもの

エアロメット、ディープリムの決戦仕様で。エアロメットはよかった。DHポジションのとき、整流効果を感じた。ほっといても頭がまっすぐ前を向く。ディープリムに変えて、阿保みたいに速くなった!というのはなかった。もともと練習用のホイールもハブがかなりいいので当たり前か。ホイールが変わって、タイヤも変わるので微妙な調整は必要。特に空気圧だな。

<メモ>
・朝食で納豆に箸がつかなかった。
・階段の登りで脚が重かった。

この二つは自分の中で重要なバロメータ。疲れ具合がわかる。まあ調子は悪くないから心配してないんだけどね。

織田フィールド
2008年05月27日 (火) | 編集 |
今日はスパッとあがって織田フィールド。

アップをやってから何をするか決めた。今日は疲労感はなかったが、スピードがイマイチ。イメージと実測が合わない。

オフはしっかりとってたが、こういう日はインターバルはやったらダメ、つ~ことでペース走。4分10-15秒くらい。最後の周回だけ4分まであげてビルドアップで終了。

あまりスピードが乗らなかったのは、昨日のマッサージによる揉み返しが原因だと思う。また、終わった後、エネルギー切れになったところを見ると、補給も足りてなかったといえる。

まあよしとしよう。今日は終わったあと、職場の歓送迎会に出席するつもりだったが、やめておいた。

キャメロン・ブラウンの風洞実験
2008年05月27日 (火) | 編集 |
私が大好きな選手、キャメロン・ブラウンが地元のオークランドで風洞実験をし、それが地元のニュースで放送されたようです。今年のNZでも使用した、ピナレロのプロトタイプと思われるものを使用しています。

Cameron's Bike Test

風洞実験の施設は、旧ディスカバリー・チャンネルやCSCのそれと比較すれば簡易的(?)であるが、バイクにおける空気抵抗は重要なファクターであることは間違いない。まっすぐな下りで、通常のDHポジションで下るか、頭をさげて、肘、膝をしぼりつつ下るかでは、全然スピードが違う。

バイクのポジションを変化させながら、空気抵抗、出力、心拍を計測し、呼吸、血液なども採取しながらやれば、バイクのパフォーマンスをかなり効率的にアップさせることができそうだ。私もやってみたいな。

しかし、キャメロン様の筋肉の発達はすごいな。。。加えてぺダリングがスムーズなこと。筋肉量はマネできないが、せめて、ぺダリングのスムーズさくらいはマネできるようになりたいな。

月曜-火曜朝オフ
2008年05月27日 (火) | 編集 |
昨日はオフ。マッサージでヨダレたらして寝てしまった。

今朝は起きたが、すっきり感が少なく、睡眠不足気味だったのでサニーはやめた。相方をお見送りしたあと、愛車を決戦仕様に。その後仮眠。すっきり。

土日
2008年05月26日 (月) | 編集 |
【土曜】
バイク 荒川CR-物見山-裏松郷-白石峠-越生-シロクマ-物見山-荒川CR 125km
ラン  5km キロ4分10秒ペース

【日曜】
リカバリーラン 5km キロ4分5秒ペース

【メモ】
日曜はロングランをやる予定だったが、用事があって、時間がなく、リカバリーにあてた。
今週は最後の追い込み。
リカバリー
2008年05月23日 (金) | 編集 |
今日はリカバリージョギングとドリルのみ。

Why? なぜそれを使う?
2008年05月23日 (金) | 編集 |
ジロのTTで、コンタドールがステージ2位となった。
それまでのステージで落車してしまい、左腕が亀裂骨折していたにも関わらずだ。

注目したのはDHバーの突き出しの形状。Sベントではなく、昔ながらの先端が起きているタイプの突き出しを使っていた。

これが

・コンタドールの好みなのか
・風洞実験の結果なのか
・亀裂骨折の影響なのか
・より高い出力がだせるのか
・リラックスできるからなのか
・はたまた別の理由なのか

とても興味深い。

とあるトライアスロンのサイトでは、「流行か?機能か?」と銘打ってSベントとスキーベント(そういう名称をつかっていた)を比較していた。

私自身、脳みそがたりなく、英語力が低いのですべてを読みきれなかったが、そのサイトでは、スキーベントのほうが、IRONMANのバイクにおいては有効な場合もある。とも書いていた。

私はSベントのバーを1年近く使っていて、調整と乗り込みを重ねて、だいぶ乗れるようになってきたと思うが、更なるバイクの向上の方法として、スキーベントのDHバーも試す、というのもありかもしれない。

ただ、問題はいちいちバーコン&ワイヤーを張らないといけないこと。面倒くさい。同じ機材で突き出しだけがちがうのが2台あるといいのだが、そんなのは不可能。実験をするからには変更条件以外は全く同じじゃないと意味がない。これがプロ・ツールに参加しているチームと、二流のエイジグルーパーの、いかんともしがたい、どう考えても詰められない環境の差だ。


朝スイム
2008年05月22日 (木) | 編集 |
二度寝して15分遅刻
トータル2350m
メインは50*10*3
サークルは一番きついので50秒サークル。調子はまあまあ。
織田F
2008年05月21日 (水) | 編集 |
5000*1
1000*5 3分31-34秒

調子は普通
朝スイム
2008年05月20日 (火) | 編集 |
今日も朝スイム。雨がすごいね。
メインは100m90sサークルと50m90sサークルをレストなしで9セット。2コースは80sサークルだったのでこれはサークルアウトするから無理だな。9セットをサークルアウトせずにこなせた。脚の奥底に潜んでた疲労をみつけた感じ。いい感じ。これで歩いたり、ジョグすれば、OK、GOOD。

昨日の練習にて
2008年05月19日 (月) | 編集 |
昨日の練習ですごいと思ったこと

・The 8師匠の登り 余計な力が抜けており、ケイデンスは落ちなく、的確なダンシング。さらにわずかな平地での回復の速さ。アドベンチャー、富士登山で無類の強さを誇るのもわかる。

・The 32師匠の平地・下り
完成感があるTTフォーム。トルクフルなペダリング。かつ、余計な力の抜け具合。下りでのブレーキング、ライン取り、そして他の追随を許さないスピード。失礼だが、年齢を考えると尋常ではない。

まだまだヒヨッコな自分にとって仲間との練習というのは最高の勉強の時間である。

35+170+5=59
2008年05月18日 (日) | 編集 |
<金曜>
朝 荒川バイク
夜 織田F

<土曜>
35kmランニング

<日曜>
バイク:秋ヶ瀬-物見山-松郷峠-二本木峠-牧場で小休止-定峰峠-白石峠-高篠峠-大野峠-刈場坂峠-正丸峠(昼食)-山伏峠-名栗-小沢峠-青梅-所沢-秋ヶ瀬 170km
ランニング:秋ヶ瀬にて500m×10本

土曜は週の疲労のピークの中、粘ってランニング。夜は岩盤浴で疲労抜き。

日曜のバイクでは、二本木の登りで久しぶりに腰がいたくなった。前日のランと週の練習の影響だろう。しかしその後は痛みがなくなった。正丸峠への登りでハンガーノック。ヤバイとおもったが、ラスト1kmだったので、茶屋まで粘り、饅頭で補給。ここでランチ。選んだのは肉そば。激ウマ。山伏峠、小沢峠は幅が広く、とても走りやすくて気に入った。名栗は飯能でのTTでのコース。相変わらず車と信号が少なく走りやすい。下り基調なのだが、しっかり踏まないと失速するコース。粘って踏む。バイクは全体的にまあまあの調子。

ランニングは最初はよかったが、途中からハンガーノックに。完全に補給不足だった。20本やる予定だったが、10本でやめた。やめるからにはハンガーのなかでも最後までいい動きを意識。4分半ペースは維持できた。すぐに補給して、相方と32さんの応援。本当にお疲れ様でした。

終わった後は、地元の天然温泉「彩の湯」へ。想像以上にいい施設で大満足。疲労もぬけた。

そして、体重が

59kgになった!

練習し、補給し、お風呂入った後なので、参考にもならない数値だが、60kg以下は高校1年生以来。つまり15年ぶり。まあ、その後、相方と中華料理屋で、2.5~3人前を2人で食べたから、明日にはまた61kgとかになってるでしょう(笑)

朝練8
2008年05月16日 (金) | 編集 |
前日、織田Fにいったら、なんと貸切に変わっていた。ガッデム。
急遽地元に帰り、河川敷1周コース。絶好調じゃないけど、まあまあ。

今朝のメンバー:モン、主任、スティーブ、まつい
今朝のメニュー:堀切往復

6時間、睡眠をとったが、体が重かった。けど、まあまあ。
帰宅後、すこし休んで出勤。今日は遅番。

山手の駅から職場までのウォーキングを今日も実施。
このウォーキングがとてもいい積極的休養になっている。
同時に仕事への頭の切り替え、充電もかねている。

朝のウォーキングはとても気分爽快なのだ。

朝サニー
2008年05月15日 (木) | 編集 |
今日も朝サニー。たくさんの友達にも会って、超楽しい~。天気もよくて気持ち良い朝でした。4時間睡眠で少し眠かったけど、今日も行ってよかった!

<今日わかったこと>
・サニーのプールの窓は東向き
ターンのとき、眩しくて壁が見えませんでした(笑)
サニー&織田F
2008年05月13日 (火) | 編集 |
今朝はサニーで溺れ、夕方は織田Fで猛者達に揉まれました。いやジョークです。サニーも織田Fもフォームとリズムとペースを大切にしてマイペースでトレーニングしました。

織田Fではサニー、ハリアーズ、ReStartの練習会がやってました。

ハリアーズではカーフマン無敵のチャンピオン、深浦選手が指導してました。スパッツの上からもわかる、下半身の発達した筋肉がよくわかります。バネがすごい。そして上半身も大きい。あんなにごつかったかな?

ReStartでは元日清の実業団選手で、現在はトライアスリートの荒井さんが指導をされてました。1回後ろをついて走ったのですが、キロ3分15秒の殺人的ペースに400メートルしかついていけず瞬殺。綺麗なフォームでとても見てて勉強になります。

そして魚の大将、平松くんはセッションで入念なドリルを指導し、その後、独特の軽やかな脚取りで、サニー集団をリードしてました。
織田Fは来て、トレーニングをやって、見ているだけでも本当に勉強になります。

予告
2008年05月13日 (火) | 編集 |
今週の朝練は、天候の理由により

5月16日(金)6時戸田橋で夜露死苦!
Cervelo P2 Carbon 2008
2008年05月10日 (土) | 編集 |
相方の新兵器完成!これは本当にかっこいい!IRONMAN HAWAII 女子チャンピオンバイク2008年モデル。

IMG_3856.jpg


うらやましい。サドルの高さ調整すれば、絶対オレでも乗れる。650Cだから、空気抵抗はこっちのほうが絶対小さいから、借りたいくらいだわ(笑)

明日も雨だから、デビューはまた今度だな。明日、ローラー台で調整しまくりだ。

ヤバイ!
2008年05月09日 (金) | 編集 |
20080509195743
カッコイイぞ!
GW後半
2008年05月07日 (水) | 編集 |
5月3日(土)つくば8時間耐久 実走約70km ローラー40km
5月4日(日)バイク100km ラン4km(400m×10)
5月5日(月)バイク170km
5月6日(火)バイク70km ラン4km(400m×10)

合宿3日間の走行距離は約350kmで、登った高さは累計6300m。もうすこしでエベレストいけたみたい。

合宿の締めに
2008年05月06日 (火) | 編集 |
20080506182125
宇都宮で寄り道。餃子インターバル。
羽鳥湖
2008年05月05日 (月) | 編集 |
20080505152458
こちらも気持ちいい!
猪苗代湖畔
2008年05月05日 (月) | 編集 |
20080505121612
とても気持ちいい!
思い込みと実際のギャップ
2008年05月02日 (金) | 編集 |
最近の練習

4月30日(水) 朝練バイク&夜残業のため、織田Fはカット
5月1日(木) 朝サニー&110kmバイク&ランはタイムオーバーでカット

ランがたりてない。いかん。GWはバイク&ランもやる予定だけど、ロングランをやらなくては。主任、サトシくん、また荒川でロングランやりましょうぜ。

パラカップに参加したときの写真をみた。ランニングのときに、腰の位置を高くして、腰から走ることを意識してるのだが、写真でみると接地したときに腰が落ちている。しかもスタートしてから5km内の折り返し地点直前である。これは無駄である。しかし、トップだった人、自分の前にゴールした人のフォームを見ると、同じように、落ちているように見える。多摩川河川敷独特の土の路面が、接地の際の衝撃を吸収し、反発力が弱くなるためか、腰を落として(股関節、膝関節の屈伸をして)バネを発生させないといけないからだろうか。タイムがほとんど同じくらいで走ったタニマリハーフの写真は、それほど腰が落ちてないから、その辺、因果関係があるのかな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。