荒川河川敷~埼玉方面で練習している、トライアスリート、IRONMONのブログです。「志」と「肘」と「ケイデンス」と「腰」は高く!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月31日(金)トレーニング
2007年08月31日 (金) | 編集 |
スイム
東京体育館にて
アップ 1500
スイム 100*4*3
スイム 100*4 ディセンディング
ダウン 200
トータル 3300

アップの1500は25分でした。1日で3分も変わるか?とにかく後半を意識。ディセンディングは重要項目にしてる。最後の1本は腕やいろいろなところから血の気がひいて、寒気がした。最後は81秒まであげた。
(90,85,83,81)
スポンサーサイト
シティリビングに注目!
2007年08月31日 (金) | 編集 |
20070831213028
みんなで酒仙堂にいこう!!!
8月30日(木)トレーニング
2007年08月30日 (木) | 編集 |
スイム
会場:東京体育館長水路
メニュー:ロング 2000m
アップ 400
スイム 1500
ダウン 100
トータル 2000m

スイムの際、時計をみてやったら、なんと28分もかかった。。。
これはかなりショックだった。数日前の記事でスイムが重要といったが、これでは重要の前に基本から出直しだ。精進します。
8月29日(水)トレーニング
2007年08月29日 (水) | 編集 |
ランニング
コース:セントラル-大仏-赤塚-ユニクロ-赤塚-赤塚周回-セントラル
距離:10km
時間:50:17
アベレージHR:139
TT:9:20
TTのアベレージHR:148
TTのMAXHR:158

今日のトレーニング予定は、朝のバイクからだったが、どうにもこうにも身体が重く、まぶたも重すぎたのでやめた。ランニングも最初、本当に重くて、動かなくて、気持ち悪かった。が、我慢して走り続けたら、途中から普通に動けるように。心拍数はTT中でも158しかあがらなかった。調子が最高潮のときは、TT中に175を超えることがあったが、今回はそれもなし。昨日の久しぶりのスイムで身体が硬くなってたかな。
8月28日(火) トレーニング
2007年08月28日 (火) | 編集 |
スイム
 サニーフィッシュにて3300m

 ナオにあった。ジャパン以来だな。

練習メニューをみて、1&2コース目にあがるためには、最低でも100mを90秒サークルでまわって、70秒~75秒で返ってくるのが必要そうだ。現在4コース目。3コース目は今のサークルより5秒ずつ引き上げることが必要そうだ。3コース目と2コース目の間の壁は高い。

 心肺機能は、夏休み中に集中的にバイク、そして少々のランにより、だいぶもどってきたが、持久力がなく、動きがばらばらだった。ここでジャパンのときのスイムを思い出してみると、同じような傾向が見受けられる。つまり、ジャパンのときは、スイムの練習がたらず、スイムで疲れ切っていた、というのがただしそうだ。同様に練習が足らなかったバイクもその影響を最初からモロに受けて、ずるずると後退。唯一、そこそこ積み上げていたランニングだけが、光った、という見解がただしそうだ。

 先日のミーティングで「スイムはロングにおいて関係あるか、ないか」というよくある話が出たが、私見だが、「バイクに楽に移る、という目的においてはスイムの練習は重要である」と私は考えている。

 「楽に移る」ここがポイント。決してスイムのタイムを縮めるためではない。
8月27日(月)トレーニング OFF
2007年08月27日 (月) | 編集 |
本日はOFF
明日からハードトレーニング再開

【最近、本当にお気に入りの曲】
RSP「Lifetime Respect-女編-」

PV Youtube

Amazon

moraで試聴、DL

三木道三の「一生一緒にいてくれや♪」という歌おぼえてますか?あれのアンサーソングです。初めて聞いたのは、何週間か前のMステ。一発で気に入った。そして本日、ようやく購入。ココロにぐっとくる歌詞、歌声。男としてはこういわれたら本当に嬉しいだろう。
8月24日(金)、25日(土)、26日(日) トレーニングOFF
2007年08月27日 (月) | 編集 |
24日(金)はスケジュールどおりのOFF。
25日(土)、26日(日)は諸般の事情により、トレーニングはできなかった。精神的にとてもきつい事情だったが、なんとか無事に終わらせることができた。

26日(日)はIRONMAN KOREAでした。仲間のMASAさんがハワイゲット!おめでとうございます。

正直にいいますと、式終わった後、新婚旅行もしないで、練習すれば間に合うかも、と思いましたが、やめました。(25日、26日の事情もありましたし。)今年のレース予定はなく、ひたすらトレーニング、という感じですが、やはり出たかったな、という思いもあるのも正直なところです。ぐっと我慢して、練習を積みます。
8月23日(木)トレーニング OFF
2007年08月23日 (木) | 編集 |
今日はトレーニングOFF。セントラルでリカバリーのため、エアロバイク15分だけ乗った。負荷を重くしてダンシング、イージースピン。気持ちよくまわせた。

トランスフォーマーをみた。(公式サイトに飛びます。)

2時間30分以上もある映画なのだが、全体的にかなりのスピード感があり、楽しめる映画だった。前半はコメディがかなりあり、クライマックスは目が回るほどのアクション。トランスフォーマーたちの変形は必見。

私はかなりのガンダムマニアではあるのだが、アニメのトランスフォーマーもみていた。当時タカラが出していた玩具もいくつか持っていた。すごく懐かしいな、とおもったのが、劇中で車からロボット、ロボットから車に変形するときの効果音が、当時のアニメとほとんど同じだったことだ。

なお、いっしょに観に行った妻は、終わった後「これ、ガンダムの実写版?」と、きいてきた。どうやら、妻にはガンダムに見えたようだ(笑)

以下、私見。

○オートボット(日本のアニメ版でいうサイバトロン)、ディセプティコン(日本のアニメ版でいうデストロン)で、かなりの戦力差があるように見受けられる。参考までに以下に登場するトランスフォーマーたちを羅列。

【オートボット】
・オプティマス・プライム(トレーラー)
・バンブルビー(カマロ)
・ジャズ(知らないスポーツカー)
・アイアンハイド(GMCトップキック)
・ラチェット(ハマーの救急車)

【ディセプティコン】
・メガトロン(エイリアンジェット)
・スタースクリーム(F22)
・ブラックアウト(戦闘ヘリ)
・バリケード(パトカー)
・ボーンクラッシャー(巨大なクレーン車)
・ブロウル(戦車)
・スコルポノック(サソリ)
・フレンジー(ラジカセ)

はっきりいって、一般の車が軍隊に立ち向かっているようなもんだ。劇中、オートボットが車型に変形して逃走するシーンがあったが、飛行機に変形されて追撃されたら、すぐ追いつくじゃないか、とツッコミをいれていた。(どうやら設定では、TFたちの車はかなり速く走れるらしい)

○メガトロンはロボットというよりエイリアンそのままだ。(設定では凍りついたままだから、現代の乗り物をスキャンできなかったらしい)

○スタースクリームは、ガンダムのMSに顔が似すぎ。

○続編があるはず。

○やはりアメリカの映画だ、とおもう台詞がちらほらあった。

○隕石が落ちてくるシーンで、なぜ主人公の男の子とヒロインの女の子は驚かない!(まったく前振りがなかった)

8月22日(水)トレーニング
2007年08月22日 (水) | 編集 |
バイク
自宅-堀切往復 
距離:35km
アベレージ:28.5km/h
時間:1:13:37
アベレージHR:138

昨日のバイク&ラン練習後、脱水になった。(汗だく、トイレ直行)その影響か、とにかく今日は身体が重かった。そしてとても暑かった。またもや脱水にちかい状態になった。その結果、上記のように前日に比べてがた落ち。風もあったが、それよりも脱水の影響のほうが大きいとおもう。

かえってからはウォーターローディング。すでに2リットルくらい飲んでいる。

8月21日(火)トレーニング
2007年08月21日 (火) | 編集 |
【バイク】
自宅-堀切往復
距離:34.98km
時間:1:08:37
アベレージ:30.6km/h
アベレージHR:136

わけのわからん風に翻弄されまくった。途中いっぱい猫がいて、餌付けしていた。止まって、猫と遊びたかった。。。残念。。。

【ラン】
セントラル-東京大仏-赤塚公園-ユニクロ-赤塚公園-セントラル
距離:9.?km
時間:48:01
アベレージHR:154
TT:9:14 アベレージHR 165 MAX 171

おも~い!というかんじだった。そしてむちゃくちゃ暑くて脱水になってしまった。かなり消耗した感じ。

夏場はランより、風がくるバイクのほうが数段マシだわ。
8月20日(月)トレーニング OFF
2007年08月20日 (月) | 編集 |
今日はトレーニングOFF

土日の2夜連続宴席が、ことのほか、頭にひびいた。
むちゃくちゃ楽しかったのだが、その分のしっぺ返しか。

セントラルに風呂だけ入りにいった。実にリフレッシュ。
8月19日(日)トレーニング
2007年08月19日 (日) | 編集 |
バイク 超イージーライド 自宅-物見山手前ローソン
距離:81.7km
時間:3:05:59
アベレージ:26.3km/h

今日は妻と、あるじと3人でスタート。途中からよこちんとしげぴ~合流。やはりあるじは速かった。昨日と同じくマイペースで乗っているとチギられる。地道に練習を積み重ねよう。

夜はオサケ横丁。2夜連続はさすがにきつかった。妻に余計な心配をさせてしまった。しばらく飲み会はやめだ。
8月18日(土)トレーニング
2007年08月18日 (土) | 編集 |
バイク 自宅-物見山-物見山2周-自宅
距離:106km
時間:3:31:21
アベレージ:30.1km/h
アベレージHR:130

今日は閣下とランデブー。
休憩は物見山駐車場でコーラのみ。
閣下は速かった。マイペースで走っていると簡単にチギられる。マイペースでもついていけるようにしないと。

【問題が発覚】
バイクがまっすぐにすすんでいない。閣下に観察してもらったところ、ぺダリングが要因のものではないようだ。一番考えられるのはホイール。本当に細かくバイクが揺れている。しかも縦方向に。いま使っているのはSHIMANO WH7701で、もう5年以上つかっている。スポーク数が少なく、もともと剛性が弱いことで有名だったから、いい加減限界か?(ちなみにリムも相当削れていて、ハブもゴリゴリ音がする)

練習に使えるホイールを物色しなくては。。。
8月17日(金)トレーニング
2007年08月17日 (金) | 編集 |
バイク 荒川河川敷 自宅-水門-堀切-水門-堀切-自宅
距離:57.2km
時間:1:50:16
アベレージ:31.1km/h
アベレージHR:137

今日は往路、復路、ともにゆるい向かい風が吹く区間があった。序盤のぺダリングはイマイチだったが、途中からよくなった。

余談:帰りに弁当買って帰ったのだが、目の前に黒い軽自動車が走っていた。よくみると、小さな女の子が後ろ向きに座っていて、僕に手を振ってくれた。当然僕も手を振ってあげた。とてもいい気分でした。
8月16日(木)トレーニング OFF
2007年08月16日 (木) | 編集 |
今日はトレーニングOFFです。ちょっと仕事してきました。

全然関係ない話ですが、先日の「メントレG」でこちらの芸人さんが登場しました。

「小島よしお」

ネタはあまり面白いとはおもわなかったが、妙にインパクトがあった。「オーシャンパシフィックピース」を略したのが「オッパッピー」らしいが、なぜ太平洋の平和なんだ?沖縄出身ゆえ、戦争のない、平和を祈っているのか?

それはともかく、調べてみるとYoutubeで5月に世界再生回数、週間ランキング5位だったらしい。

爆笑レッドカーペットより

しかし、こちらの動画をみると、かなりアドリブに弱いこと、同じネタを番組がかわっても言っていることがわかる。

グルナイに登場

第5回お笑いホープ大賞・準決勝B

どうやらハッスルにもゲスト登場したようだ。

川田「そんなの関係ねえ」

wikipediaではさらに詳細に書いています。

個人的な感想としては、短期間ながら、ブームになりそう。だが、アドリブの弱さ、トークの弱さが、ネックになって消え去りそうな予感。

ちなみにみなさん「そんなの関係ねえ」の動き、できます?いや恥ずかしいから、とかそういう理由じゃなくて、意外とやろうとすると難しいよ。

ぼくは右投げ右けりだから、彼と同じように、左手を下げて左足を下ろす、ということができない。左投げ左けりの人限定のネタ・動きだよ、あれ。
8月15日(水)トレーニング
2007年08月15日 (水) | 編集 |
バイク 荒川河川敷 自宅-堀切往復
距離:35km
アベレージ:29.5km/h
平均心拍:133

今日はリカバリーのため、距離を短くした。往路向かい風。復路追い風。暑さはたいしたことなかったが、やはり疲れているのだろうか。往路の向かい風区間でも心拍があがらなかった。平均心拍をみて、さらに実感。明日はトレーニングOFFにしようか。
8月12日(日)トレーニングでのフォームについて(その2)
2007年08月14日 (火) | 編集 |
コメントに書くには長かったので記事にしました。

ツールや、IRONMANで、身体の小さい人が勝っているという現状を踏まえます。

空気抵抗というのは、前方投影面積によって変わります。よって、よりコンパクトな姿勢をとれる、体格が小さい人は有利、という可能性があります。

一方、空気抵抗を抜きにしてバイクのスピードは、出力、スキル、機材少々という感じでしょうか。ここであえてスキルと機材は抜きにして、出力に注目すると、一般にパワーとは筋肉量が多い人のほうが強い。つまり、体格・骨格が大きい人はたくさん筋肉がつけられるので、出力が大きくなります。

さて、ツールの2007年の成績をみてみます。序盤のプロローグと終盤のプロローグです。

プロローグ
1 ファビアン・カンチェラーラ SWI チームCSC 8.50
(53.7 km/h)
2 アンドレアス・クレーデン GER アスタナ 0.13
3 ジョージ・ヒンカピー USA ディスカバリーチャンネル 0.23
4 ブラドレー・ウィギンズ GBr コフィディス
5 ウラディミール・グセフ RUS ディスカバリーチャンネル 0.25
6 ウラディミール・カルペツ RUS ケスデパーニュ 0.26
7 アレクサンドル・ヴィノクロフ KAZ アスタナ 0.30
8 トーマス・デッケル NED ラボバンク 0.31
9 マヌエル・クインツィアート ITA リクイガス 0.32
10 ブノワ・ヴォグルナール FRA フランセーズデジュー


1 リーヴァイ・ライプハイマー USA ディスカバリーチャンネル 1.02.44
(53.068 km/h)
2 カデル・エヴァンス AUS プレディクトールロット 0.51
3 ウラディミール・カルペツ RUS ケスデパーニュ 1.56
4 ヤロスラフ・ポポヴィッチ UKR ディスカバリーチャンネル 2.01
5 アルベルト・コンタドール SPA ディスカバリーチャンネル 2.18
6 ホセイバン・グティエレス SPA ケスデパーニュ 2.27
7 ジョージ・ヒンカピー USA ディスカバリーチャンネル 2.33
8 オスカル・ペレイロ SPA ケスデパーニュ 2.36
9 レイフ・ホステ BEL プレディクトールロット 2.48
10 ミケル・アスタルロサ SPA エウスカルテル 2.50
11 トーマス・デッケル NED ラボバンク 2.55
12 ファビアン・カンチェラーラ SWI チームCSC

プロローグは序盤で、顔見せ、第1ステージでの出走順位を決めるという意味で、それほど本気だしていないのかもしれないが、序盤と終盤ではずいぶん様相がかわる。まあ、いなくなった選手もいっぱいいるが。。。

終盤のTTで優勝した、ライプハイマーはプロローグでは26位であった。
コンタドールも15位だった。

仮に体格の大きい選手と小さい選手がいて、ほとんど同じスピードをだせるとする。序盤のフレッシュな状態では、筋出力でまさる体格の大きい選手が、短いプロローグで勝つ可能性が高い。一方、厳しい山岳を越えた、終盤のTTでは、それまでの身体の負担がより小さい、体格の小さい選手のほうが、有利な可能性が高い。

同じTTをやるにしても、長丁場のレースでは、身体の小さい人が有利な可能性があるのだ。IRONMANの場合、バイクのあとにフルマラソンがある。フルマラソンも、身体が軽い人のほうが、ランニングエコノミーが高く、速く走れる可能性がある。

しかし、これはやはり、体格の大きい人に対抗できる出力を出せるのが前提だとおもう。いい例が、ニュージーランドのキャメロン・ブラウン。彼は、身長はぼくと変わらないとおもう。いや、むしろ小さいかもしれない。しかし、腕や脚や胸の筋肉は尋常ではない。

以前のTJの記事で(たしか2001年のハワイ特集号)、彼はIRONMANに参戦するようになって、ウエイトトレーニングをはじめた、と書いてあった。体格の小さい彼が、バイクで対抗するためには必要だったのかもしれない。

しかし、上記の2007年のツールのリザルトをみてて、ジョージ・ヒンカピーというのはすごい選手だとおもう。すごい安定感です。ディスカバリー・チャンネル(前USポスタル)が解散(消滅)するのは本当に残念。ヨハン監督も競技から離れるそうな。。。あんなすごいチーム、出てくるのかな、この先。
8月14日(火)トレーニング
2007年08月14日 (火) | 編集 |
バイク 荒川河川敷
自宅-水門
水門-堀切 2往復
水門-自宅
合計55.8km
アベレージ 29.1km/h
平均HR 140

往路 向かい風、復路 追い風

向かい風は強かったが、意外と乗れたかな。
8月12日(日)トレーニングでのフォームについて
2007年08月13日 (月) | 編集 |
こちらはタケちゃんがとってくれた写真。(タケちゃんありがとう!)

8月12日(日)に行った、3マイルTTでのぼくです。静止画なのであまり参考になりませんが、考察を。

188226_1186932081.jpg


自分ではもっと低い姿勢をとっているつもりだったが、割と上体が起きている。スペーサーは結構はいっているので、まだまだ下げられるが、体幹の筋力が弱いぼくは(というより全身の筋肉量が少なく、絶対的パワーが低いのだ!)、現状はこれが精一杯なのかもしれない。

ファビアン・カンチェラーラのように、ハンドルとサドルの落差があるほうが、TTフォームとしてはより空気抵抗が低くなるが、これで180kmいくのはむりでしょう。

87288_1159285543.jpg


もう一人、TTスペシャリストのデビット・ザブルスキーのフォーム

87288_1159285751.jpg


一方、IRONMAN HAWAII ディフェンディング・チャンピオンのノーマン様。

87288_1159345881.jpg


そもそも、こんなスーパーな方々と比べることが土台おかしい話だ。骨格の時点で彼らのようなスーパー落差があるポジションがとれない。カンチェラーラをみればわかるが、腕の上腕部やトップチューブに対する上半身の骨格がとても長い。長いゆえに、落差があるポジションをとっても、骨盤や背中にはそれほど無理がかかってないのだ。仮にぼくがこのままスペーサーをはずして、ハンドルを下げた場合、腹や胸に太ももがあたる。

ザブルスキーはカンチェラーラに比べて背も低いし、手足もそんなに長くないが、50km~60kmの距離ならば、この落差のあるポジションの中で全開出力を発揮できるのだろう。

じゃあ、ノーマン様はどうなのか?はっきりいってようわかりません(笑)一ついえることは、体幹(コア)の部分の筋力がものすごくあることは間違いない。とくに。以前、海で遊んでいるノーマン様の上半身をみたが、とてつもなく、腹部の周りの筋肉が発達していた。でもそれだけじゃ、180kmをアベレージ42kmとかでいけないでしょ?なにかあるはずだ。
8月13日(月)トレーニング
2007年08月13日 (月) | 編集 |
バイク
自宅~物見山2周~自宅
距離   :102km
タイム  :3:27:44
アベレージ:29.4km/h
ピットイン:2回 ローソンにて。15分~20分ほど。

往路追い風、復路向かい風。復路の向かい風は結構強かったが、常に動き、余計な力を抜くことなどを意識した。往路と復路で1回ずつ、ローソンストップ。暑さ対策と水分補給のため。消費したコーラーは今日だけで1リットル。ミネラルウォーターは2リットル。ローソンでストップしないと倒れてたな、これは。
8月12日(日)トレーニング
2007年08月12日 (日) | 編集 |
昨晩、iron8manさんのご自宅にお邪魔し、かなり深酒をしてしまった。むちゃくちゃ楽しかったです。ありがとうございました。

今日はリカバリートレーニング

バイク:リカバリーライド&3マイルTT 合計20km
3マイルTT結果 7:30 アベレージ38.4m/h

スイム:リカバリースイム 15分

3マイルTTは半分以上追い風だったが、タイムが伸びず。MASAさんは脅威の7分切り。すごすぎる。

一方のぼくはジャパン後、トレーニングが全く出来なかったことによる、落ち込みが激しい。

と書いたところでふと思ったのだが、ジャパンに関していえば、スイム・バイクは、調子がわるかったのではなく、前年に比べて練習量が落ちて、純粋に弱くなった、ということだろう。一から出直しだ。これは本当に。

練習後、MASAさんのご自宅にお邪魔して、美味しいコーヒーとお菓子をいただきました。練習後の汚い格好でお邪魔して申し訳ないです。トラちゃんのピアノの生演奏も聴かせてもらった。すばらしかった。至福でした。ありがとうございました。


今日のランチ
2007年08月11日 (土) | 編集 |
20070811115058
タンパク質、お野菜いっぱいです。でも食べ切れるかな(笑)
8月11日(土)トレーニング
2007年08月11日 (土) | 編集 |
バイク
距離 91km
時間 3時間8分
アベレージ 29.1km/h
アベレージHRM 141

自宅~物見山往復(周回なし)
しげぴ~、よこちんとともに。およそ1ヶ月ぶりのバイク。あたらしい機材を投入した。感触はいい。が、まだまだ使いこなしてない。だいぶ大腿四頭筋のパワーが落ちている。これだけの距離でもピクピクしていた。しかし、これが現状。謙虚に受け止めてコツコツ練習しよう。

苦しくなってからも、フォーム、動きを意識。これを長く保てるようにする。動き、パワーをいかにスピードに昇華するか。これが重要。
8月10日(金)トレーニング
2007年08月11日 (土) | 編集 |
スイム
50m×8×2 サークル55
50m×4×2 サークル50
ダウン 100m×4
    50m×8(ドリル含む)

40分 2000m

今日はパドルプルなし。ほぐしを目的にスイム。フォームを意識は変わらず。刺激をいれるために50秒サークルを軽めに実行。

クイックターンがだいぶよくなってきたかな。この前サニーいったときに、ターンひとつでずいぶんとなりの人にアドバンテージをとられた気がするからね。

実際のスイムではターンなんかしないから、必要ないかもしれないけど、サニーで上のコースにあがるためにはターンを含めたスピードをあげないといけない。
8月9日(木)トレーニング
2007年08月10日 (金) | 編集 |
スイム
アップ 50m×8
ドリル スカーリング&スイム 50m×8
ドリル サイドキック 50m×8
パドルプル 50m×8
スイム 50m×8

トータル2000m 40分

ラン HRM75%~85% 30分 約5~6km
TT 9分40秒

スイムはサニーフィッシュで指導されていることを意識。メニューも近いものにした。水温も気温も高く、また心肺や筋力の衰えがあるため、スイムはぎりぎりだった。

ランは、脚の衰えをかんじた。スイムの後で、脚がもつれることが2度ほど。ただ、ジャパン前~ジャパンで体得した意識はかなり身体に染み付いているようで、終盤は結構いい感じで走れた。

初心に戻り、まずは練習を積み上げよう。
8月8日(水)トレーニング
2007年08月09日 (木) | 編集 |
スイム マスターズ同好会

アップ 50m×8=400m
キック 50m×6=300m
キック 25m×4=100m
スイム 25m×6=150m
スイム 50m×8=400m

TOTAL 1350m

量はかなりすくない。あと2000m以上泳がないと、練習にならないな。
サニーフィッシュで指導してもらったフォームをかなり意識。
バタフライのキックしながらのクロールだったが、終わった後、クロールで流してたらキックがバッタのままだったわい。変なクセがつかないよう気をつけねば。
さて、、、
2007年08月08日 (水) | 編集 |
モルディブ旅行記は後日更新、といいましたが、そろそろ切り替えていきたいとおもいます。トレーニングを本格的に再開しようかとおもいます。かなり体はたるんで、おとろえましたが、じっくり鍛え上げていこうとおもいます。とりあえず、再開するにあたって、気合をいれるためにこの画像をアップ。

roadtokona.jpg


モルディブの砂浜であそんでいるときに、いろいろメッセージを書いて写真をとりましたが、ふと、頭に浮かんだので書いて、撮影しました。目標の再確認。

あと2週間と少しでKOREAです。昨年、エイジトップに一時たちながら、その後トラブルで後退。今年は出場しませんが、出場する方々へ。

・メカのチェックは入念に。
・決して油断はしない。
・過信はしない。
・何が起こるかわからないのがレース。
・絶好調だとおもった種目がふたを開けたら絶不調だったりする。
・全力を出し切る。
・絶対にあきらめない。
・終わった後、言い訳はなし。
・後悔もなし。

全力を出し切り、悔いがない、気持ちのいいレースができることを心よりお祈り申し上げます。
モルディブ・アナンタラリゾート 番外編
2007年08月06日 (月) | 編集 |
すみません。更新あけました。4日目~6日目の日記は後日書きます。むこうでは1日中、海で遊び倒してきました。夕食をとったあとに、猛烈な眠気に襲われ、それにだんだん耐えられなくなってきたのです。

今日の昼の便で帰国し、いまは自宅です。出発前に綺麗に掃除したので、帰ってきて、「あれ?こんな綺麗にしたっけ?」とおもってしまいました。

さて。。。

ちょっと今日は番外編。宿泊したアナンタラリゾートで見られた、生き物の数々を紹介。


まずはこちら「ベビーシャーク」

01_babyshark.jpg


そこら中の浅瀬、波打ち際にうようよいます。上から見る限り、体長は40センチ~60センチ。まったく人畜無害。とても臆病で同じくらいの大きさの魚に追い回されているところを目撃した。島の人にきいたところ、ベビーシャークは大きくなったら、リーフの外にいくらしい。正真正銘の赤ちゃんサメ、というわけだ。(サメの種類はわからない)


次はこちら。ご存知「ハリセンボン」

02_0harisenbon.jpg


驚くほど浅く、そして砂浜から近い岩陰に潜んでいた。日を変えて、同じところにいってもいたので、おそらくすみついちゃってるのでしょう。とてもかわいらしかった。


シュノーケーリングトリップで撮影できたのはこちらの魚。

02_fish01.jpg


「ファインディング・ニモ」にでてなかったっけ?この魚。


宿泊したビーチビラの近くの小さいサンゴと、岩で撮影できたのはこちらの魚たち。

03_manyfish.jpg


04_trigerfish.jpg

(トリガーフィッシュ)

1枚目の写真の魚たちはとても人になついている。手をかざすと、えさをくれるとおもって、手をつっついてくる。おまけに、泳ぐとついてくる。とてもかわいかった。2枚目のトリガーフィッシュはとても美しかったので、しばし観察していた。



しかし、、、、この魚の出現はびっくりした。

05_bigtriggerfish.jpg


同じトリガーフィッシュなのだが、大きさが半端じゃなく、50センチどころか、60センチ以上あったはず。これだけ巨大な魚が、自分のすぐ近くを悠々と泳ぐとびっくりするよね。これ、砂浜からすぐそこよ。

そして、野生のイルカたち。

06_dolphin2.jpg


もちろんビーチからはみれない。船で見に行くのだが、本当に無数のイルカたちがそこら中にいて、いっしょにあそんでくれる。イルカのショーは何回もみたことあるけど、野生のイルカたちのジャンプは、ショーでみるそれとは、全然ちがう。


しかし、、、一番驚いたのはこいつ!

07_bigstingray.jpg


「スティングレイ」

体長は2mちかかったかもしれない(大げさかもしれないけど、すごいでかかった)。最終日にスパで、至福のマッサージをうけて、悠々と桟橋をあるいていたら、桟橋付近を悠々と泳ぐ、灰色の影が。よくみたら、こいつだった!!!本当にびっくりした。砂浜からもものすごく近いし、とても浅い。初日にみたやつと同じかもしれない。マンタはみれなかったけど、こいつはおどろいた。
モルディブ・アナンタラリゾート 3日目
2007年08月03日 (金) | 編集 |
今日はとくにエクスカーションを予約していなかったので、ゆっくり起床。モルディブの日の出はおそく、7時過ぎ。すでにこの辺がリゾートであることを証明している。なお、モルディブは首都マーレと、各リゾートでさらに時差を設けている。

IMG_1915.jpg

(日の出)

IMG_1917.jpg

(とまったお部屋)

朝食前に散歩をした。水上コテージのあるところは、魚が比較的多く、初日にここで巨大なエイをみた(マンタではない)。今朝もそれらしきエイが潜んでいるのを発見した。また、少し沖には、黒い影がゆーっくりただよっていた。マンタか、とおもったが、どうやらトビエイらしい。

朝食後、目をつけていた場所にカヤックで移動し、シュノーケーリングを楽しんだ。いるいる、、、丁度ドロップオフがあるところで、魚が無数にいた。しかし、この辺は潮の流れが強く、また2人だけなので、無理はせず、程よいところで切り上げた。

IMG_1925.jpg



その後、カヤックでいろいろめぐった後、いったん部屋にもどって荷物を置き、シュノーケル用のゴーグルをおき、今度は競泳用のゴーグルを取り出して、海に繰り出す。ハリセンボンを再びみつけて写真をとり、かなり遠浅の海でプカプカういて、遊んだりしていた。その後、AQUAのプールで遊び、プールサイドで休憩後、部屋に戻る。

IMG_1946.jpg


部屋にもどると嬉しいサプライズ。なんとバスルームがこんな感じにデコレーションされていた。

IMG_1981.jpg


部屋で少し軽食をとり、休憩した後、レセプションで明日以降のエクスカーションを予約。金曜にドルフィンサファリ、土曜に体験ダイビングをすることにした。お目当てのマンタだが、いろいろ聞いた話を総合するとこうだ。

・シュノーケーリングでマンタをみれるのはかなりラッキー
・マンタスポットというのがあるが、そこでは「みれる可能性がある」
・確率をあげるなら、ダイビングで、なおかつチャーターをすること
・ただ、この期間中でもシュノーケルでマンタを見た人はいる

らしい。

さて、今日のディナーはテラッツォというイタリアレストラン。連日の、おいしいけど、贅沢な料理に、体が疲れてきたけど、やはりおいしかった。雰囲気もSo Good。

IMG_2002.jpg

モルディブ・アナンタラリゾート 2日目
2007年08月02日 (木) | 編集 |
今朝は8時ごろに起床

まずはフシカフェにて朝食。昨日の朝食と夕食にやや油の多いものを食べてしまったから、今朝はさっぱりしたMONをチョイス。なかなか良いチョイスだった。朝食をとったあと、時間があったので、少し散歩。AQUAというバーの椅子で休憩させてもらった。

IMG_1772.jpg

※これはAQUAのプールサイド。タオルとベットは使いたい放題。


いったん部屋に戻って、身支度を整え、シュノーケーリングツアーに。レセプションで待ってたら、現地のスタッフが英語でいろいろとすすめてくれた。アイランドホッピングはおすすめだ、マンタも見れるし、ショッピングにもいける。旅行中にマンタは絶対にみたい、とおもっているからビビビとキタ。ドルフィンサファリもいいよー、ともいってた。明日以降に決めよう。

ツアーには家族連れが2組。カップルが3組(自分たちも含める)。そのうちの1組は年齢差も見た目もギャップがあり、自分たちはあれは絶対不倫だ、とか2回目の結婚だ、日本語わかる人がいないことをいいことに、いいたい放題いっていた。家族連れの1組の奥さんがとてもフレンドリーで、いろいろ話した。彼女はフィリピン出身だが、アメリカで勉強して、旦那さんはドイツ人だとか。自分はドイツ人の旦那さんと、少しドイツ語で話した後、お互いに写真をとりあってあげたりしてた。

シュノーケーリングツアーは2箇所、スポットをまわった。最初は期待はずれかなとおもったが、ドロップオフでのシュノーケーリングは、気持ちよく、小さな可愛い魚たちと戯れることができてたのしかった。船では屋根にのぼってジャック・スパロウの真似などをしてあそんでいた。

IMG_1842.jpg


ツアーから帰ってきてから、すこし浜辺であそんだあと、軽食を部屋でとった。少し横になっていたら、本格的に眠くなり、そのあと4,5時間シエスタ。これが気持ちよかった。。。

ところで、今朝、朝食から帰ってきたら、一通の手紙がおいてあった。どうやらここのオーナーが、浜辺でのカクテルパーティに招待するとのこと。いってみたら、これがまた雰囲気が最高!ワイン、カクテル、軽食をたのしめ、更にスパからマッサージのサービスがあった。マッサージをうけてみたら、とても上手だった。「ご主人の肩はこっていますねえ!」はい、、、日々の業務でかたくなっています。

今晩の食事は「FUDAN」。海に一番近い席にすわり、サーモン、たこ、ステーキ、焼き魚、デザートを楽しんだ。

IMG_1880.jpg



明日のプランはとくにないけど、ディナーはイタリア料理を楽しもうと思います。それでは、おやすみなさい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。