荒川河川敷~埼玉方面で練習している、トライアスリート、IRONMONのブログです。「志」と「肘」と「ケイデンス」と「腰」は高く!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IRONMAN JAPAN参戦記 ラン
2006年05月31日 (水) | 編集 |
[ラン]
 課題のランニングの開始。それほどバイクのダメージがない。とにかく必死に粘る。いっしょにバイクフィニッシュしたThe 8は軽い足取りでどんどん前へ。こちらも粘る。エイドで必ずコーラを口にして、水を飲み、かぶる。とにかく前方に集中した。走れている、走れている。少なくとも昨年のときとは比べ物にならない。エイジ3枠への差はどれだけあるかわからないが、あきらめずに前を追うしかない。健脚の持ち主のカテゴリC、Dの選手に抜かれるが我慢。みんなつらいのを我慢しているんだ。ランニングの1周回目の途中から同じカテゴリの財前くんという千葉の選手とほとんど同じ位置で走って、抜きつ抜かれつを繰り返す。2周目の序盤、彼から3位の奴とは25分の差があることを聞いた。残りの距離からするとこれは絶望的だった。一瞬気持ちが折れかけたが、何が起こるかわからないから走り続ける。しかし、どうもスペシャルエイドの後からのペースが落ちてきた。おかしい、脚はそんなにきつくないのに、力が入らなくなる。35km地点付近で絶望的な疲労感が襲ってきて、エイドで水とコーラをとったところ、沿道の人が「大西さんがんばって!」と声援を送る。なんと大西さんがあがってきたのだ。大西さんが快調なペースでぼくを抜き去り、「合宿を思い出せ!」と応援してくれた。しかし、どうすることもできず、歩いてしまった。同時に猛烈な空腹感が。どうやら完璧なハンガーノックだったようだ。約2km歩き、次のエイドで食べ物を取って、また恐る恐る走り始めた。少しずつだが確実にゴールに脚を向ける。最後にもう一度もとのペースに戻してゴールした。最終順位は74位。またまたランニングで失速したが、悔いはない。楽しいレースだった。
3:49:29

トータル10:42:15 74位
スポンサーサイト
IRONMAN JAPAN参戦記 バイク
2006年05月31日 (水) | 編集 |
[バイク]
 バイクは堀陽子さんとほとんど同時だった。風の音が耳に入るが気にはしない。心拍と脚が温まるまでは我慢。ジャパンのバイクコースの序盤は路面が粗く、また雨上がりだったので路面を気にしつついく。ポツポツと前をいくライダーを捕らえていく。富江を後にして福江市内へ。トンネルの手前、前方に緑のウェアを着て、長袖、長スパッツと防寒装備完璧なライダーが見える。そして見覚えのあるダンシングフォーム。The 8だった。ということはぼくよりスイムアップが速かったことになる。相当調子がよさそうだ。野々切交差点を直進し、中央公園に向かう。The 8への距離は確実に縮まっている。この辺からは中央公園折り返しからのトップ選手たちとすれ違いで確認できる。同じエイジは気になるが、まだまだ序盤、落ち着いていこう、と思っていた。が、中央公園に入る直前、田園で左急カーブを見落とした。急ブレーキをかけたが、時すでに遅し、スリップダウンで落車した。すぐに立って復帰したが、ボトルケージが少し破損し、ボトルが落ちた。このボトルはカーボショッツが入ってて、バイクの生命線。しっかり受け取って再スタート。この間に後ろから来た何人かにパスされた。
 
 再スタート直後、昂ぶっている自分がいた。落車で遅れているし、前方のライバルとの差が気になる。だが、ここはまだたった30km地点。あせるなあせるなと言い聞かせる。今日は風も吹いててバイクは消耗が激しいはずだから我慢した。
 
 その後ランコースと同じコースを走る。この辺から同じ位のペースのライダーたちとパックを形成しつつあった。石田城を左折し、二本楠交差点に向かう登りを超えて二本楠へ。左折した後は幾久山の登り。その後下り。下りが苦手なぼくはここで引き離される。どうにもこうにも下りは怖いのだ。まだまだ序盤。我慢我慢。。。
 
 大宝の折り返し付近でも風が吹いており、我慢のライド。折り返し後、細かいアップダウンが続く。こういうのは苦手でスピードとリズムが刻めなく、若干苦しむ。二本楠への3本の登りのうちの1本目。脚が重い。調子が悪い。ここまでほとんど一緒だった人たちにちぎられる。このままだとまた昨年の二の舞か?という不安がよぎる。島の北西部の周回が始まった。風が吹いててすっかりリズムが崩れていて、スピードが乗らない。どうしたものか。。。ここでいったん切り替えることにした。開き直ってトイレに入り、持ってきたリポDを飲み干し、赤飯おにぎりをほおばる。高浜トンネルを潜り抜け、高浜ビーチが右手に見えたところで後ろから猛烈なスピードで丸橋さん登場。「がんばろう~!!!」55-44のチェーンリング、11-23のギアでマビック・コズミックカーボンを踏みまわす姿がかっこよかった。ここでなんかぼくの中でスイッチが入った。俄然元気と調子が出てきた。ギアをあげ、くらいつく。ロケットが点火された、まさにそんな感じかもしれない。「今日の俺は絶好調だ!」2本目の二本楠の登りはアウターのまま、ダンシング&シッティングで駆け登る。序盤ちぎられた奴を逆に抜き返す。こうなったら止まらない。ガンガン前に出る。周回がこんなに短く感じたことはかつてなかった。3本目の二本楠の登りでさらに前にでると、序盤引き離されたThe 8の姿を前方に捉える。二本楠への下りで加速し、福江に戻る登りで追いつき、前に出た。そのまま2人でバイクフィニッシュへ。序盤抑えすぎた感があったが、後半のペースアップは確実にできた。

バイクラップ 5:45:52

スプリット6:52:46 54位
IRONMAN JAPAN参戦記 スイム
2006年05月31日 (水) | 編集 |
[スイム]

 真ん中より左、前から3列前にスタンバイ。プロの2分後にスタートが鳴った。スタート直後、例によってすごいバトル。が、落ち着いて自分のペースを刻む。意識するのはフォームのみ。片道4つの大型三角ブイを数える。3個目くらいで落ち着いてきた。4つめのブイをターンして一番沖へ出た。うねりがすごい。朝から風が強くその影響だったろうか?沖ではキャッチ主体の泳ぎにスイッチ。復路もどうやら潮の流れが逆向きかつ、横に流され気味だったのでキャッチ主体へ。1周目31分。昨年と同じくらいだ。2周目に突入。しばらくして再びバトルへ。最初集団で追い抜かれたのか?とおもったが、逆でペースダウンしている集団だった。なかなか抜かせてくれなかったが、なんとか抜け出し、2周目の復路へ。最後までフォームとリズムを保った。ふと横を見たら見覚えのあるゴーグル。ミミさんだった。まったく同時にスイムアップし、トランジットへ。バイクバックをとるのに手間取ったが、すばやく準備してバイクへ。

1:06:54 77位
ふるさと館にて
2006年05月29日 (月) | 編集 |
20060529145416


ふるさと館にて

なぜかエイドにあったCCDでコーヒーサービス

かわはら保育園
2006年05月29日 (月) | 編集 |
20060529145409


かわはら保育園

かわはら保育園
いつのまに???

河原くんマシン
2006年05月29日 (月) | 編集 |
20060529122125


河原くんマシン

河原くんマシンにまたがるモン

この
2006年05月28日 (日) | 編集 |
20060528204833


この

看板が見えるとゴールまであと少し!!!

無事に
2006年05月28日 (日) | 編集 |
20060528204550


無事に

完走しました。今回は厳しいレースでした。すごく疲れましたが、元気です。しばらく休んでまた練習再開します!

いくぜ!!
2006年05月28日 (日) | 編集 |
20060528053308


いくぜ!!

いくぜ!!!
If you smell what The Mon is cookin'!!!!

続きまして
2006年05月28日 (日) | 編集 |
20060528045704


続きまして

続きまして外人枠のロックバンド Blindman 曲は「Living a lie」

移動中!!
2006年05月28日 (日) | 編集 |
20060528044208


移動中!!

ただいま移動中!!こんなときにはお気に入りの曲

もちろんレミオロメン 曲は「明日に架かる橋」!

清水バリ?
2006年05月27日 (土) | 編集 |
20060527173617


清水バリ?

スピードスケートの清水バリ??

モジモジくん?
2006年05月27日 (土) | 編集 |
20060527173025


モジモジくん?

モンモンくんあらためてモジモジくんかな?
シロモト製スイムフード なかなかかぶり心地がいい

Ready to go
2006年05月27日 (土) | 編集 |
20060527160914


Ready to go

今日は朝からギアの準備、バイクの預託、など忙しかったが無事に終了!後は夕食食べて寝るだけ!

体調はなかなかいい!明日のレースが楽しみだぜ!!

すげえ!
2006年05月26日 (金) | 編集 |
20060526173028


すげえ!

カーボパーティ料理!!
たべきれない

Mister
2006年05月26日 (金) | 編集 |
ぼくが心から尊敬する
MisterTriathlon 小原さん
ぼくより小さいがとにかく強い
競技説明会
2006年05月26日 (金) | 編集 |
20060526160617


競技説明会

いま競技説明会中だぜ!!
手前はThe Addだい!

FINALLY
2006年05月26日 (金) | 編集 |
20060526121807


FINALLY

FINALLY THE MON HAS COME BACK TO FUKUE!!

続いて
2006年05月26日 (金) | 編集 |
20060526100009


続いて

福岡から五島福江へ!

本当ならラーメンたべてもつ鍋たべて、ソフトバンクを応援したいが、ここはぐっと我慢!!

HERE WE GO
2006年05月26日 (金) | 編集 |
20060526072131


HERE WE GO

さあ行こうか!
周りはビジネスマンばかり。トライアスリートは数えるほど。そりゃそうだ(笑)

モバイルSuica
2006年05月22日 (月) | 編集 |
前も書いたけど、Suicaのコマーシャルって好き。なんかクスって笑ってしまう。山手線のモニターでいつも見てて、ひとりにやついてる。絶対怪しい、俺。でも俺の携帯vodafone。モバイルSuica非対応…そして定期は乗り換えの関係で磁気式…
好天気
2006年05月21日 (日) | 編集 |
今日は好天気。こういう日はTHE BLUE HEARTSの「脳天気」を歌いたくなる。

今朝はWR練習会。戸田橋、堀切往復とトラックラン練習をやった。バイクは体が重くて調子がわるかった。ランも重かったけどタイムはそんなに悪くなかった。いい刺激がはいったかな。

これからバイクを送りにいってきます。なんか不思議。来週レースなのが。本当にオレIRONMANでるのかな。でも出るんだよね(笑)スタートリストに名前あるし、間違いない。
ただいえることは
2006年05月20日 (土) | 編集 |
ただいえることは、ありがとう、おめでとう、そしてさようなら
今日の出来事
2006年05月18日 (木) | 編集 |
今日は特別なことはなかった。夜はバスケ関係の打ち合わせと食事。食事で少し飲んだけど、あまりたくさんたべなかったから、内臓の疲れは残らないだろう。水をたくさん飲んでなるべくたくさん寝よう。
CDアルバム買った
2006年05月17日 (水) | 編集 |
すごく久しぶりに。いつ以来だろ?それすらわからないくらいだ。やはりいい、レミオロメン。気に入った。しばらく家での音楽はこれで決まりだな。
気になる映画が登場「OVERCOMING」
2006年05月15日 (月) | 編集 |
とあるMLで知ったのだが、気になる映画がこのほど上映開始されるようだ

OVERCOMING

内容はなんと、CSCのツール・ド・フランスでのドキュメンタリー。リース監督、バッソ、サストレが登場するようです。非常に気になる。昨年のツールは、第1ステージでザブルスキーが史上最高速度を記録し、今年のジロも絶好調だしね。
2週間前
2006年05月14日 (日) | 編集 |
さて、IRONMAN JAPAN2週間前。
今日の練習は、松郷峠往復の100km(本当にぴったりだった)。ランニング10km。スイム30分(1300m)。量はたいしたことないけど、質は下げない。

バイク練習は、デイブ、8マン、32、かんとく、ぼく。(復路は初めてお会いした方も合流した)。平地、登り、ともにまあまあかな。復路は、5人でローテーション。いいスピードがでてた。

さて、あと2週間。調子があがって、疲労がぬけますように。
王様のブランチで
2006年05月13日 (土) | 編集 |
王様のブランチで、早稲田の「キッチンオトボケ」が紹介されていた。紹介されたのは看板料理、ジャンジャン焼き定食(普通盛600円、大盛650円)。トッピングでメンチカツ、チキンカツ、カニクリームコロッケが1こ100円というのも紹介されていた。このブログでも何回か紹介したけど、おいしいよ!くってみんしゃい!

1月17日の記事 「大盛の美学」
宣伝(ジョージ)
2006年05月11日 (木) | 編集 |
宣伝

大橋可也&ダンサーズの公演情報

次回公演は2006年8月27日(日)吉祥寺シアター
「明晰さは目の前の一点に過ぎない」

がんばれジョージ、俺もがんばる

レースナンバー
2006年05月11日 (木) | 編集 |
5月28日(日)のIRONMAN JAPANでのレースナンバーが決定した。ぼくの番号は710。毎年掲示板でレポートしてくれる、ジム・ロス曰く「710って納豆じゃないですか。往年の名ドライバー中嶋悟にあやかって、粘りの走りで頑張ってください。」だそうだ。速く泳ぐことも、速くバイクを進ませることも、速く走ることもできないから、ぼくの場合は粘るしかないよね。確かにそう。どんなにきつくても粘らないと。

あと個人的には好きな番号の並びでよかった。それに2003年のIRONMAN JAPANでデビューしたとき、レースナンバーは107番だった。別にいい結果だったわけじゃないけど、調子はよかった。

とにかくおごらず、謙虚に、あきらめずに、最後まで粘ろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。